アウトソーシングを有効に行う為の情報ツール

人材派遣との違い

アウトソーシングと派遣の違い

アウトソーシング=外部委託と聞いて、人材派遣と混同してしまう方も多いと思いますが、実は明確な違いがあります。
自社に何が必要なのかを把握して上手に活用するために、その違いを確認していきましょう。

人材派遣は「人」の派遣です。
事務などの仕事で、人員が足りない場合に仕事をしてくれる「人」を派遣してもらいます。
基本的には派遣してもらった会社のノウハウの中で仕事を指示し、働いてもらうのです。

一方アウトソーシングは、「業務、成果」を目的としています。
つまり依頼した業務の提供と、その成果が商品となります。
もちろんその為には人員が必要となりますが、それは商品を提供するための過程にすぎません。

簡単に言うと、料金を払う対象が違うことがアウトソーシングと人材派遣の明確な違いとなります。

使い分けはどうする?

仕事の効率アップのためにはアウトソーシングを行うのか、人材派遣を行うのかの判断は大切なことです。
一概に言う事はできませんが、簡単な判断基準として使い分けの方法を解説していきます。

会社にとってどちらが必要なのかを判断します。
人員が今すぐに必要となる場合や、やってもらいたい業務が継続的にずっと続くものではないこと、また社外に出してはいけないような内容の業務などが人材派遣に向いているケースです。

アウトソーシングに向いているケースは、業務を社外に出すことができる、大幅に人員が必要な業務である、定期的な業務である、その業務に対してのノウハウを自社で保有していないなどです。

どちらを選ぶのかは、状況に応じての判断が大切なこととなりますので、適切に選択を行ってください。


この記事をシェアする