アウトソーシングを有効に行う為の情報ツール

的確な判断をすることが大事

外部委託の種類

各会社によって外部から委託したい業務は違うと思いますし、その目的も多少違います。
会社にとって何が必要でアウトソーシングを行うのかを考えた上で数ある業務委託の種類の中からチョイスしましょう。

業務委託は一般的で、よく見ることができます。
業務委託は業務を代行してもらえるサービスで、会社の主とする業務以外の業務を行わなければいけない際に、手の回らない部分を外部にお願いするサービスとなります。

ITアウトソーシングや、コンサルティングは、各々専門的な知識を必要とする業務を外部にお願いするサービスです。
ITアウトソーシングはその会社のIT関連業務を受け持ってもらえるサービスで、コンサルティングは会社の経営に関する専門的なアドバイスを行ってくれるサービスとなっています。

注意したいこと

アウトソーシングを行うえで、メリットだけではなくデメリットともなりうるかもしれないような注意するべきことを考えなければいけません。

まず考えられる注意点は、外部に業務をお任せすることで会社独自のノウハウを培うことはできなくなります。
もちろん、ノウハウが必要ないと思われる業務を委託していると思うのですが、委託先が突然撤退してしまうなどの緊急事態もあらかじめ考えて、定期的なすり合わせは重要です。

外部委託をする前に委託業者のサービスの質を調べる事も大切なこととなります。
何か緊急事態やトラブル時の対応など、自社で対応していたほうが一定の質を保てる場合もあります。

費用の面では、アウトソーシングが必ずしもコスト削減に繋がるとは限りません。
通常の料金だけではなく、イレギュラーな追加費用がかかってしまう場合もありますので、全てを理解したうえでよくシュミレーションをしてみてください。


この記事をシェアする